アーク溶接 太陽光発電用架台の「治具」

太陽光発電用の架台治具です。野立て太陽光架台の位置決めに使用します。架台支柱間の距離や支柱の高さ決めなど、やり方杭を打ったり、丁張を掛けたりというのではなく、この部材を設置すれば太陽光架台の位置が決まるという治具製品です。L寸8mで60×30の角パイプに三角プレート等の各種部材をアーク溶接しています。サビが出ても問題の無い製品ですので、バリ処理後は塗装等の表面処理はしないで完成です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る