アーク溶接 排気フード

車両製造工場の排気フードです。枠材(フレーム)をアーク溶接で製作し、フード部材を薄い鋼板で製作しました。屋外に露出する側の口は金網を溶接して虫や鳥など外からの侵入を防ぎます。塗装仕上げをして完成です。

鋼板だけでは剛性が保てないということで枠材を入れていますが、フレームは湾曲させた鋼材を使い、長さ寸法の等分割位置に溶接します。

フード部は相手(取り付ける先)部材との接合フランジに穴を開けた湾曲板と四分円に抜いた部材(フード両端)をアーク溶接します。

端部等のバフ処理後、塗装工程に流します。単体完結の部材ではありませんので、寸法検査は相手部材との干渉部位や孔位置の公差を見ます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る