アーク溶接 構造を支えるH鋼などの重量鉄骨1

接続部材用プレートと、同じ仕様のH鋼を溶接したところです。建築物構造用フレームです。溶接時にスパーク光やヤケドに注意することはもちろんですが、重量鉄骨の溶接は鋼材によるケガが一番注意する点です。構造設計で計算された強度が出るように欠陥が無い溶接をする必要があります。溶接量や工数もたいせつな事ですが、欠陥が無いということがフレーム溶接では一番重要になります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る