アーク溶接 重量物ラック製品

重量物ラック製品の部材です。金属製角パイプの開口部に、変形防止の四角プレートを溶接しました。後処理を施して塗装工程から挙がってきたところです。四角プレートは一旦仮留め溶接し、全周溶接します。

数量が少ない場合は問題はありませんが、数量が多い場合には治具を作った方が良いケースもあります。設計時には考慮されない点になりますが、一定の品質を保つということでは製品に合わせた治具を製作して溶接加工を施した方が良いと思います。

母材が動かないように、そして溶接する鋼材がきちんと納まるような治具を用意する。もちろんオリジナル製作治具となるので製作時間は掛かりますが、トータルで考えた場合、その方が品質面や工数削減に寄与することがほとんどです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る