アーク溶接 STKS6.0mm角パイプ

バス停留所の人待ちベンチ製品です。人の手に触れますし、製品全体が人目に触れます。金属部、木製部全てにバリや突起や割れ等が無いようにします。

STKS6.0mm角パイプ両端に鉄プレートをアーク溶接し、指定箇所に木板受けの鉄プレートをアーク溶接します。角パイプの両端部への鉄プレート溶接は、フタというよりも角パイプ変形防止が主な理由です。また、角パイプ両端小口への子供が手を入れてケガをすることを防ぐ目的もあるようです。

写真のようにグレー色で塗装していますが、塗装前に溶融亜鉛メッキ仕上げを施しています。製品の性質上、雨ざらし日晒し環境で耐性のある表面仕上げを考慮した時、鉄にドブ、ドブの上に焼き付け塗装という製品設計です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る