アーク溶接(ミグ溶接)産業用空調部材

産業用空調部材です。1.6mmの鋼鈑で各種部品を製作しミグ溶接しました。ミグ溶接はアーク溶接のひとつですが、半自動溶接ともいいます。手作業での溶接は、溶接棒を交換する必要があり、今回の空調部材のように大量に溶接を行うには時間が掛かりすぎます。

溶接材として非常に長いワイヤーを使う半自動アーク溶接であるミグ溶接にて行いました。半自動アーク溶接では溶接材料としてワイヤー、シールド材としてアルゴンや炭酸ガス等を用います。ワイヤーもガスも連続的に長時間供給できるので、手棒溶接と比較してその能率は良いです。

溶接材料は自動的に供給されますが手作業であることには変わりはありませんので、半自動アーク溶接の呼称があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る