タレットパンチプレス ガルバリウム鋼鈑

空調ダクトメーカーの製品の一部分を拡大した写真です。リベット打ちの外側に気密材が貼り付けてあります。気密材の外側(写真右上付近)に小さな穴が開いていますが、この穴はタレットパンチプレスによる穴開け加工をしました。部材どうしを接合するためのビス穴です。

製品の金属素材は0.5mm厚のガルバリウム鋼鈑ですので難なく手作業での穴開けはできますが、製品全数でトータルで2,000ヶ所の穴、となるとタレットパンチプレスによる穴抜き加工の方が当然早くできます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る