タレットパンチプレス 産業用扉2

産業用扉は一見すると、ひとつの金属物の塊という見え方をしていますが実際はとても複雑な構造です。いくつもの部材を組み合わせて作られています。

タレットパンチプレス加工によりさまざまな穴加工や切欠き加工を施した部材を、溶接やボルト締め等でつなぎ、切削や研磨により仕上げ前処理を施し、塗装工程に流し、単品それぞれを検品した後組み上げます。

上記の絵は穴加工部ですが、穴の向こう側から板を溶接しています。その板には小さな正円孔を開け、次の工程で気密部材などの取り付けを行います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る