タレットパンチプレス打ち抜き6-長穴

年間を通じてかなりの数が出る製品についてはタレットパンチプレス金型をおこします。写真の製品は、住宅関連部材メーカーへ出荷する製品です。長穴が連続していくつも開けてあります。この穴は専用の金型を製作しています。

人の肌が触れる場所に取りつくということで、当然バリやブツなどが無いように処理した後、塗装工程に流します。1部材に数十個の長穴を抜く必要がありますので、タレットパンチプレス加工機の抜き速度を早くする必要がありますが、油を吹いて加工するため、端材の戻り(カスあがり)を考慮して速度を設定することがたいせつです。

タレパンt016-2

早くたくさん穴抜きしたいからマックススピードに設定する、というのは後々、大きな問題を起こす要因となります。試作で適切な速さを探すようにしています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る