タレットパンチプレス打ち抜き7

部材が青みがかっていますが、これは薄い金属板に養生シートを貼ってあるためです。四角い金型と丸金型を利用してのタレットパンチプレス加工です。正円は1工程での最大径はφ50です。それ以上の径はニブリングまたはレーザーにより加工を施します。

案外軽視されがちですが、このような薄い金属材の場合はカスあがりによる精度の落ちを防止するための加工機速度の設定が重要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る