ファイバーレーザー 薄いSUS304-2B材

板厚0.8mmのステンレス製品(SUS304-2B)です。ファイバーレーザーで文字抜きをしました。製品右側に2枚の小さな突起した板が見えていますが、これは相手部材へ取り付けるための切欠きです。

文字はフォントデータさえあればさまざまな書体の文字抜きができます。文字が抜けるということは、図柄も抜くことができるということです。タレットパンチプレスでは不可能な事がレーザーでは可能となります。コゲ取りや面取りなどのバフがけ処理をして完成です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る