ファイバーレーザー 長穴加工

塗装プラントを構成する部材です。長さ100mの塗装ラインは必ずしも真っ平ではなく、ある一定の機能を有したエリアが上がって下がる、下がって上がるなど、上下レベルが異なる部屋の連結することがあります。

その際にはたとえ階高が一定であっても、GLから天井までの高さを変化させる場合は、鋼材パネルをずらして連結していく必要があります。

穴位置をずらして加工。小口を特別加工して組付け。各種の工夫を各鋼材パネルに施していく、ということは日常茶飯事です。現場で採寸された寸法の連絡を待っての製作ということも日常茶飯事です。

工期が決まっている工事がほとんどですので、それに合わせた製造と搬送が要求されますので、スピーディーに製造作業をするという点ではファイバーレーザー加工、CO2レーザーj加工は非常に優れています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る