ベンディング ステンレス素材

これはほとんどがステンレス素材で製作した部材です。この部材ひとつひとつに数か所の穴抜きや、数か所のベンディング加工を施しています。

これらの部材を組み上げて製品を完成させていきますが、組み上げる際にきちんと納まるかどうかは、ひとつひとつの部材が正確に作られているかどうかによります。当たり前の事ですが、重要です。

設計時に考慮する点としては、単体で成立していても、組み上げ時には修正・改変が必要な場合があるということです。たとえば、ボルト径やボルト位置に合わせた穴抜きはしたけれど、ベンディング加工によって微妙に穴が変形してしまったり、ボルトが貫通しない、入らない事などが生じます。

曲げによる微小な変化や塗装(特にドブメッキ)による板厚の変化を先読みして部材設計を行います。製品設計者が必ずしも金属加工を熟知しているわけではありませんので、逐次、製品開発・設計に携わっている方々とやりとりをしながら進めています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る