ベンディング 90度曲げ

写真のようにほとんどの製品は90度曲げですが、ベンダー(プレスブレーキ)による曲げ加工では90度曲げだけでなく鋭角(ピン角)や鈍角曲げが可能です。しかし、小数点以下の角度精度は不可能です。精密板金屋さんでは可能かもしれません。また、R曲げも可能です。カドを緩いカーブを持たせたベンディングです。

ただ、R(半径寸法)によってはプレスした方がコスト的に安く済むケースもあります。弊社保有の標準金型には無い場合は金型を購入したり、アール曲げ寸法に合わせての金型製作したりしますが、製品の数量や、金型製作してもペイしない場合にはプレス加工を行います。その場合には協力プレス工場にお願いして加工して戻してもらい次工程に進行させます。

特殊な製品を設計する場合には、曲げ角度やアール曲げ形状を考慮して行う必要があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る