ベンディングマシーンでの作業 

小さな製品や短尺製品のベンディングはひとりで完結できますが、長尺製品や重い製品の場合には二人で作業をします。近年は自動ベンディングマシーンが出現していますが、弊社のように6m超えの長尺製品や、小ロットで複雑な曲げを各辺に施していく受注生産製品製作という形態の工場では、あまり自動というのは有効ではありません。

手作りというイメージ的なことではなく、実質的に人の手によって製作していく必要があるケースの方が多いです。ちなみに板厚2.3mmの4尺巾でL寸6mの金属板材は、1枚で約130kg以上の重量があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る