レーザー用窒素発生装置

これは窒素発生装置です。レーザーは窒素ガスを大量に使用します。この機器を導入する前は窒素ガスを購入していましたが、大量に使用しますので、窒素ガス購入費用は、かなり高額になっていました。

レーザーの使用頻度から、2台の窒素発生装置を導入しました。1台数千万円しますが、窒素ガスを購入していた頃と比較すると確実にコストダウンが図れています。毎日の窒素ガスボンベの入れ替えが無くなって作業効率がアップしました。

ちなみに窒素発生装置は大気中の空気から窒素を取り込んで純度99%の高品質ガスを精製する機器です。空気は、「窒素、酸素、アルゴン、二酸化炭素、ネオン、ヘリウム、メタン、クリプトン、二酸化硫黄、水素、一酸化二窒素、キセノン、オゾン、二酸化窒素、ヨウ素」で構成されていて、大気中の窒素の割合は約78%です。酸素は約21%です。私たちが吸い込む空気はほとんどが窒素なのですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る