溶接方法 接合部のオス・メス加工

自動車関連部材です。溶接直前の状態を撮影しています。治具を使用して接合する2つの溶接母材の位置を決めたり、ケガキを入れておいて仮り付け(仮り組み)した後に本溶接というやり方以外に、写真のような切り欠きを入れたやり方もあります。カネ(直角)を出しながら、縦横高さの位置を出しながら、動かないように固定しながらの溶接よりも手早く溶接作業ができます。

2つの母材の接合部にファイバーレーザーでそれぞれオス・メス加工します。これにより接合位置がきちんと確定します。手作業で切り欠くのはかなり手間が掛かってしまいますので、ファイバーレーザーで接合部材の抜きをする際に同時に切り欠きを入れる設計にしておけば、難なく製作できます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る