長尺板金加工-外壁材・屋根材

12mベンダーの調整が完了し、早速、10mを超える長さの特殊断面形状の金属製品の加工を行いました。鋼板の厚さは1.0mmという薄さですが、到底ひとりでは加工ができないため、4人での作業です。

定型形状、決まった長さ、変わらない板厚でしたら自動板金システムの導入を考慮しましたが、不定形、様々な長さ、多様な板厚の製品を加工している弊社では人による作業を重視しています。そのため、長い金属板の加工には複数名の人員を要します。

加工後は現場搬送しますが、大型トラック以上の長物を運搬できる車両で運びます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る