CO2レーザーとファイバーレーザ の選択

各種レーザー製品項目の説明で、CO2レーザー、ファイバーレーザーという名称を記載しましたが、これらについて簡単ですが概要を掲載します。

【炭酸ガス(CO2)レーザー】

共振器を構成する対向する2 枚の鏡の間にある放電管の中にレーザ媒質となる混合 ガス(CO2、N2、He)を注入し、放電によってガス分子を励起します。鏡の間で光は共振 し、増幅された光は一部の光を透過できるようにした部分透過鏡から取り出されます。 ③ レーザ光の種類と危険

【 ファイバーレーザ ー】

ファイバーレーザはファイバー(導波路)をレーザ発振器としたレーザです。ミラーを使 用せず、ファイバーブラッググレーティング(FBG:FiberBragg Grating)と呼ばれる回折 格子を形成し、特定の波長だけ反射して、共振器ミラーと同じ働きを持たせています。 励起は通常、半導体レーザを使用します。

(出典:アマダ・レーザー安全ガイドより抜粋)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る