CO2レーザー加工による長穴

CO2レーザー加工による長穴の様子です。金型を持ち替える高速タレットパンチプレスを導入していますので、穴径が異なる穴を同一面に開けることは可能です。しかし、穴径や寸法・形状によっては金型がありませんのでタレットパンチプレスではなく、レーザー加工を選択します。鋼鈑の板厚にそれほど関係無く、到底、人間の手では不可能なスピードで加工してくれます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る