YAGレーザー溶接 ロボット溶接機器

YAG(ヤグ)とはイットリウム・アルミニウム・ガーネット(Yttrium Aluminum Garnet)という結晶です。ガーネット構造を持ち光学的に均一で安定的に光を作り出すことができる人工的な合成ガーネットの石(素子)です。

この結晶に光を照射して特定の波長を持つ光を発生させ、増幅させて放射した光で溶接する方法がYAGレーザー溶接です。個体レーザーとも呼ばれています。

レーザー光を熱集中させて母材を解かし、分子・原子レベルで接合溶接します。母材の歪みを押えて仕上がりの良い製品ができます。ただ、他の溶接と比較すると多少コスト高であるため、コスト的にクリアできる製品に利用したり、ティグ溶接やアーク溶接では難しい製品に利用します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る