12m曲げ加工機設置の様子【ベンダー】

バイカル社の12mベンダー(金属板曲げ加工機)の設置の様子を掲載します。

トレーラー3台で搬入されたベンダー加工機は、70tレッカー2台で荷下ろししました。

タンデム式という6m加工機を2台併設して12m曲げ機とする機器です。当初、刃の下りてくる「連動性」や長尺モノの「曲げ角度」など心配な点が多々ありましたが、テストを繰り返しながら設定を行うことで、疑問や心配を払拭することができました。

 

厚さ1.2mm、1.6mm、2.3mm、3.2mmの金属板の曲げ製品を主に考えていましたので、そのためのヤゲンとダイを揃えました。

 

880トンの12mベンダーは予想していたイメージよりも巨大でした。アマダ製ベンダーと比べて外観は少々大きいと感じました。プログラミング設定など、機器の扱いに戸惑っていますが、仕事をこなして行くうちに徐々に慣れてくると思います。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る