タレットパンチプレス 打ち抜き2

弊社にて保有しているタレットパンチ用金型は140~150式ありますが、写真のようにクライアントの要望する孔形状(打ち抜き寸法)にピッタリフィットする金型の存在は稀です。この部材は小ロット製品の一部材です。素材指定は薄いガルバリウム鋼鈑。空気の流通のための孔の打ち抜きです。

抜きの速さで言えばレーザー加工に分がありますが、板厚1mmに満たない金属板をレーザー加工すると変形が起こります。また、レーザーによるコゲを除去する作業工程が発生しますので、タレットパンチによる穴抜きを行いました。

微小ですが、長角金型での追い抜きの継ぎ目が発生しますので、手作業で後処理し、シームレスのような仕上がりにします。小ロットで定型金型を新規製作するよりもその方がコストダウンに貢献します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る